お肌について

日本人女性は洗いすぎの傾向に。日本人は世界的にみて綺麗好きで、汚れを根こそぎ落とすことにこだわっているそうです。

洗顔後タオルに少しでもファンデーションがついていたら、また洗顔、ダブル洗顔に。

この習慣が肌を破壊する源になるそうです。

肌の表面には汗や皮脂などで構成されている天然の保護クリーム 皮脂膜があります。
皮脂の角質層は、20%の水分を含んでいて、この水分を逃がさないように皮脂の表面は皮脂膜というバリアで覆われてます。

健康的で美しい肌は皮脂腺から分泌される皮脂と汗腺から分泌される汗が混ざりあって自ら皮脂膜を作ります。

皮脂膜は肌の表面から水分が蒸発するのを防ぐ保湿効果があり、外部からの刺激や細菌を緩和もします。

皮脂分泌の少ない乾燥肌はひっかいたりこすったりするとすぐ白い粉がでてきますが、これは皮脂膜がなく角膜が直接ダメージを受けたため角質がはがれてしまうそうです。

皮脂膜は弱酸性、皮膚に付着した細菌の発育を抑えることができるそうです。
人間の肌ってすごいですね。