忙しい時ほど、深呼吸して気持ちにワンクッション入れる

Published / by WNyYj3ewhs2r

忙しさに追われている時は、落ち着きが無くなってしまうので中止しなきゃですよね。
ついうっかり・・・なんて言うのが、頻繁に起こっちゃいます。
お鍋の火の点けっ放しに、洗濯物の干し忘れなどなど・・・。

え?!そんなの私だけ?
そんなことないですよねぇ~。

忙しい日にこそ、何かする前に深呼吸。そして、1つずつ丁寧に片付けていくこと。
これに気を付けてます。
慌てたところで、節約できる時間なんてたかが知れてるんだそうです。
ほんの数秒や数分のために、二度手間や三度手間になってやり直しをするなんてことになるのは、やっぱり嫌ですもんね。

その後の落ち込みも入れたら、反対に物凄く時間ロスしたことになりますもん。
でも、「早くしなさい」と言われて育ってきたせいか、家族にも「早くして!」「急いで!」なんて、つい言っちゃいます。
ダメですよねぇ~。

これも、気を付けないといけないと思ってます。
現実には、私自身も慌てないで、静かに流れるように動けるようになるためには、まだまだ頑張らないといけませんけどね。

寒いとダイエットもやる気が起きない

Published / by WNyYj3ewhs2r

めっぽう寒くなりましたね。もうすでに雪が降っているところもあるんだとか。
こうなってくるとダイエットがなかなかやる気しないですよね。
今までウォーキングしていたけど、寒くなると外に出るのがすごく嫌になってきました。

もう冬はウォーキングを辞めて家で出来るダイエットをしようかなよ考えています。
たとえばスクワットや、段の上り下り、腹筋や腕立てなど家で出来る筋トレをたくさんしていたらウォーキングするのと同じくらい消費できるような気がして。

やっぱり外で運動してしっかり汗をかくのとはまた違うかもしれないけど、家で出来るならすごくありがたいですよね。
ダイエットは主婦にとってすごく大変なことではありますが、家で空いている時間にできるなら続けられそうです。

こたつに入りながら腹筋とかしてしまいそうですが。もうすぐお正月でもっと太りそうなので、今のうちにしっかり体を引き締めておかないといけませんね。
頑張ってトレーニングして冬のダイエットもがんばろうと思います。

よく食べる子には作り甲斐もある

Published / by WNyYj3ewhs2r

夕食を作っていると毎日のように子供が「今日の夕飯は何?」と聞きに来ます。
子供からしたら夕食って楽しみの一つなんですね。

自分の子供の頃は、母親がフルタイムで働いていて惣菜が並ぶことが多かったのであまり夕食の思い出はありません。
私は料理は好きなほうですので、楽しみにしてくれる子供がいると料理の作り甲斐もあります。

一人暮らしをしていた頃というのは食べる人は一人ですからそれ程真面目に作っていた記憶がありませんが、家族が出来るとささいな料理も楽しくなるものです。

今はゆっくりと料理をする時間もありますので、日によってはお昼過ぎから下ごしらえをして少し凝った料理を作ることもあります。

毎日夕食は2時間くらいかけて作っていますが、食卓に並べればものの10分ほどでキレイに平らげてくれます。

子供なので好き嫌いも勿論あるのですが、それを上手にどう食べさせるかと言うことも工夫するのが楽しいものです。

メニューに悩んだ日は朝から家族に「何が食べたい?」と多数決を取るのですが、それも楽しかったりしますね。

美容と健康に甘酒生活

Published / by WNyYj3ewhs2r

最近友人に教えてもらい飲み始めたのが甘酒です。
テレビや雑誌でも話題になっているんですね。

恥ずかしながら流行りに無頓着な私も、すすめられるまま就寝前と起床時に飲み始めることにしました。

米麹から作られた甘酒は、砂糖の甘さではなく自然の優しい甘味でカロリーも抑えめです。
シミや便秘にも効果があって、飲む点滴と例えられるほど健康にもよいそうです。

1カ月程のみ続けた感想は、乾燥しやすい肌が少し改善したことです。
あと、期待していた便秘の間隔が短くなりました!これは私にとって期待以上のものです。

あと、行きつけの美容室で言われたのが、最近髪の毛が元気になってきたね、という一言なんです。
これは甘酒の効果なのか?と断言できなかったのですが、他に生活に取り入れたものは無いのです。なんか得した気分になりました。

性格上、飽き性な部分があるので、すぐ飲むなくなるだろうなぁと思っていたのですが、意外に続いている自分にもビックリです。
子供から大人まで飲めるので、きな粉やココアを入れてみたり気分を変えて楽しめる点もおすすめです。

基本を守るのはやはり大事

Published / by WNyYj3ewhs2r

私は料理は嫌いではないけど、好きなわけでもありません。
ですから、なるべく簡単に、時間をかけずに作れるものばかり作っています。
レシピを参考にするときも、作業工程の中で省けそうだなと思う部分は省略したりします。
そうやって作った手抜き料理でも家族からの不満も出ないので、今まではそれでいいかと割り切って料理していました。

しかし、最近料理に使う時間が前よりとれるようになったので、きちんとレシピの基本を守るとどれくらい普段の料理と仕上がりが違うのか試してみました。
ちょうど、家族の会話でおでんが食べたいという話になったので、大根をきちんと下ゆでしてから調理しようと思ったのです。

今までおでんどころか、煮物に使う大根を下ゆでしたことは、ほぼありません。
火が通っていて固くなければそれでいいと思っていたからです。
しかし、今回はちゃんと、皮を厚めにむいてから米のとぎ汁で下ゆでをしてみました。
やわらかくなるまで煮るのに30分ほどかかりましたが、それを終えてからおでんのつゆの中に投入し、煮込んだのです。

出来上がった大根を食べて、今までなんていい加減に料理をしてきたのかと反省しました。
ちゃんと下ゆでした大根は、ちゃんと味がしみてやわらかく、美味しくできていました。

やはり、基本を守って作業をするというのは大事なことだなと痛感しました。これからは多少時間がかかっても、なるべく基本に忠実に料理していこうと思います。

ネイルケアと皮膚ガン

Published / by WNyYj3ewhs2r

紫外線の害は日焼けだけでなく、シミやしわの原因となってしまうため、多くの女性は日傘やサングラスを使用したり日焼け止めをこまめに塗ったりすることで、日焼けしないよう気を付けていますよね。

ですがニューヨーク大学の医学部助教授ロッシーニ・ラジ医師によると、ネイルサロンでジェルネイルをしてもらう時のUVライトが皮膚がんの原因に繋がる可能性が高いと危機感を抱いているそうです。

UVライトの紫外線、実はこの光線はUV-A(長波長)紫外線といい、肌の奥まで突き刺さる特徴があるそうです。

UV-A紫外線の影響については、昨年、皮膚がん家系ではない健康的な中年女性の手のひらに、非メラノーマ性の皮膚がんが現れた症例ふたつを、皮膚病学会が取り上げました。

このふたつの例は、爪へ月2回のUVライトの照射を15年間継続した場合と、1年間に8回照射した場合でした。この調査により、皮膚癌とUVライトとの間に関係があることがわかったそうです。

お肌について

Published / by WNyYj3ewhs2r

日本人女性は洗いすぎの傾向に。日本人は世界的にみて綺麗好きで、汚れを根こそぎ落とすことにこだわっているそうです。

洗顔後タオルに少しでもファンデーションがついていたら、また洗顔、ダブル洗顔に。

この習慣が肌を破壊する源になるそうです。

肌の表面には汗や皮脂などで構成されている天然の保護クリーム 皮脂膜があります。
皮脂の角質層は、20%の水分を含んでいて、この水分を逃がさないように皮脂の表面は皮脂膜というバリアで覆われてます。

健康的で美しい肌は皮脂腺から分泌される皮脂と汗腺から分泌される汗が混ざりあって自ら皮脂膜を作ります。

皮脂膜は肌の表面から水分が蒸発するのを防ぐ保湿効果があり、外部からの刺激や細菌を緩和もします。

皮脂分泌の少ない乾燥肌はひっかいたりこすったりするとすぐ白い粉がでてきますが、これは皮脂膜がなく角膜が直接ダメージを受けたため角質がはがれてしまうそうです。

皮脂膜は弱酸性、皮膚に付着した細菌の発育を抑えることができるそうです。
人間の肌ってすごいですね。

ドレスはやっぱりロング

Published / by WNyYj3ewhs2r

なんか私は、ドレスは体にフィットしたロングのものがいいと思う。
そっちの方がよりセクシーだしね。

でもなんでキャバ嬢ってあんなにカワイイのだろうか?羨ましい限りです。

最近のドレスは、そんなに高くないみたい。私もいくつか買ってみようかしら。

私も見習ってかわいくなりたいよぉ。

毎日美容院いってるみたいだい、自分にお金を掛けているのはじじつだけど・・・日々の努力もあると思うなぁ。
でも体のラインが出てしまうドレスは、私はまだ着れない。先にダイエットしないといけないわ。
でぶっちょがあれをきると・・・変だしね。

益若つばさちゃんとかも子供産んでるのにかわいいしスタイルいいし。
でもちょっとちびっ子さんなんだよね。

今ドレス見ていたらマーメイドっぽいもの発見。私は着れないけど、かなり素敵。
色もスカートの形も素敵だけど・・・背中がちょっと安っぽいのが残念かな?

あっ、これからの季節にピッタリな「サンタドレス」があります。これはちょっと太っててても着てもいいよね(*^^)v
値段も手ごろなんでこれ欲しいわ。

夏の体臭対策

Published / by WNyYj3ewhs2r

これからむしむしした日がやってきます。じわじわにじむ汗から、夏の外気の暑さに身体も悲鳴をあげます。汗から臭う体臭に、心も悲鳴をあげます。

家で一人でいるときは、多少臭っても気にしませんが、外で人とすれ違う時など気になって仕方ありません。

今私臭ってないかな、気分害していないかな、嫌われたりしてないかなど、気になりだすとどうしようもありません。顔で笑って心で泣いて、家に帰ってから急いで着替えたりシャワー浴びますが、時すでに遅しです。

そうならないために、普段からの消臭対策に気をつけないといけません。自宅で一人でいる時も、決して気を緩めてはいけません。普段からの心がけが大事なのです。

製缶剤を、大小何本も常備してます。部屋は勿論、洗面所、鞄の中・車の中などに忍ばせておきます。職場のロッカーにも置いておきます。軽く香水なども複数持っており、時と場合に応じて、ふる種類と量を決めています。

でも、汗の匂いを消すのに一番大事なことは毎日お風呂に入り、夏はお出かけ前にもシャワーを浴びることです。

清潔感、何よりもの消臭効果になるかも。